【レシピ】”香りの黄金比”って知ってる?|オススメの媚薬精油ブレンド

知る人ぞ知る”香りの黄金比”と呼ばれるアロマオイルのレシピ。

そのレシピとはサンダルウッド、イランイラン、ジャスミンを3:2:1の割合でブレンドしたもので、まさに夜のための香り(笑)

その配合から媚薬レシピとも言われてます。

オリエンタルフローラルな香りが好きな人はハマると思います。

香りの黄金比とは?

香りの黄金比

サンダルウッド3:イランイラン2:ジャスミン1

この3つの香りは、異性を誘う香りのトップ3のような存在です。

この黄金比についてですが、僕はこの本で知りました↓

本書では少しだけですが、香りの黄金比について触れています。(→書評はこちら

調べてみると、アロマの世界では割と有名なブレンドのようです。(ちなみにその本の著者は女性で、”女性をその気にさせる香り”としてオススメしてたので、レシピ化しようと思いました笑)

→オススメの夜アロマレシピ

香りの黄金比を作ってみよう

必要なもの

  • イランイラン
  • サンダルウッド
  • ジャスミン
  • 香りを拡散するもの

→実際に作ってみました!

実はそれぞれの香りに、フェロモンに関する成分が含まれています。

イランイラン

夜の香りといえばイランイラン。

エキゾチックでフローラルな香りは、官能的な香りとして知られています。

香りの正体はベンジルアセテートと言う成分が関係しています。

いわゆる植物のフェロモンで、それが催淫効果の元になってるそうです。

とは言っても、そんなやらしい香りでなく、とても洗練されたいい香りです。

精油は割と安価で手に入ります。

関連記事:官能的な夜の香り「イランイラン」

サンダルウッド

サンダルウッドの精油は、ほのかにムスクを感じるウッディな香り。

ムスクに感じるのは、男性の汗の匂い(アンドロスタノール)に似た物質が含まれているため、女性はセクシーに感じるのだそうです。

サンダルウッドはフローラル系にピッタリな相性。

精油は安価で手に入れやすいです。

関連記事:ほのかなムスクの香り「サンダルウッド」

ジャスミン

ジャスミンはイランイランに並ぶ、夜の香りの代表格。

異性を惹きつける香りとして知られています。

ジャスミンにもベンジルアセテート(植物フェロモン)が含まれています。

ジャスミンの香りは濃いので、比較的少なめに使います。

レアな精油なので、とても高価です。

関連記事:セクシーな夜の花「ジャスミン」

ディフューザーの場合

超音波タイプのディフィーザーがもっとも作りやすいと思います。(水に精油をたらすだけです)

分量はサンダルウッド(3滴)+イランイラン(2滴)+ジャスミン(1滴)を目安に。

ディフィーザーの水タンク量にもよるので、目安としては↓

精油
50ml 2~3滴
70ml 3~4滴
100ml 4~5滴
150ml 5~6滴

精油の量はお持ちのディフューザーで調整してみてください。(精油の濃さや部屋の広さも関係するので、香りが濃く感じる場合は目安より少なめに調整してみてください)

→オススメのディフューザー

実際に作ってみた!

結論からですが、想像以上によかったです(笑)

精油はイランイランとサンダルウッドがGAIA、ジャスミンは生活の木。

ディフューザーはラサーナを使いました。

70mlの水に6滴ほど入れるので、匂いきついかな〜と思ったのですが全くそんなことはなく、洗練された幸せになる香りでした。(オリエンタルフローラルな香りの人はヤバイ好きだと思います)

ここでは詳細について割愛しますが、是非試してもらいたい香りです。

→【レビュー】香りの黄金比なるレシピを作ってみた

お風呂に入れる場合

これはちょっとやった事ないので、メモ的に書いてます。

アロマバスにする場合は、バスベース(乳化剤)で薄めてから精油を入れた方がお湯に溶けやすく、肌にも優しいです。(直接だと肌トラブルを起こす可能性もあるため)

バスベース(乳化剤)を使う

乳化剤で使いやすいと評判なのがケンソーのバスオイル。

使い方は備付のキャップに乳化剤と精油を入れて、お風呂に入れます。

1回につき2〜5滴が目安なので、おそらく最初からサンダルウッド(3滴)+イランイラン(2滴)+ジャスミン(1滴)の割合だと濃いと思います。

最初はシングルで1~2滴入れて始めてみると良さそうです。

応用したオススメの香りブレンド

香りの黄金比ベースで作ってみたオススメのブレンドです↓(水70mlに対して)

  • イランイラン(2滴)+サンダルウッド(2滴)
  • イランイラン(1滴)+ジャスミン(1滴)
  • ジャスミン(1滴)+サンダルウッド(2滴)

例えばジャスミンなしで、イランイランとサンダルウッドだけなのもアリです。

ジャスミンと違ってどちらも比較的安価に手に入りますし、シングルでも十分良い感じの部屋になります。

→オススメの夜アロマレシピ

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューを紹介しています。

フェロモン香水?遊んでみようか( ̄+ー ̄)と興味がありましたら、以下のレビューを参考にしてみてください。

フェロモン香水フェロチカホーク




フェロチカホーク/8ml

おそらく日本で最も有名なフェロモン香水の1つです。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

詳しいレビューはこちらです。

体感的には、このようなことを感じました↓
フェロチカホークの効果
  • 女性の反応が変わりました。
  • ほのかに甘い匂いがするそうです。
  • 40代後半まで効果を実感しました。
  • アンドロステロールがポイントのようです。

ベッド専用香水リビドーロゼ




ベッド専用香水「リビドーロゼ」

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)

詳しいレビューはこちらです。
リビドーロゼの効果
  • イランイランとベリーの香りが見た目より大人っぽいです。
  • 距離が近いほど、男の反応は変わると思います。
  • オスモフェリン(コピュリン)が入ってるようです。
  • 管理人はやられました笑