フェロモンの正体?性フェロモンって何だろう

ここでは有名な性フェロモン候補について調べています。

性フェロモンとは?

性フェロモン(Sex pheromone)とは、配偶行動において異性間のコミュニケーションに利用される化学物質の総称です。 地球上の多くの生物では、配偶行動を起こす刺激として、異性の存在が必要になります。 その存在を知らせるために、視覚や聴覚、そして嗅覚が用いられます。

参照:gifu-u.ac.jp

  • 成熟して交尾が可能なことを他の個体に知らせること
  • また、それを追って異性を探し当てるのに使われること

フェロモンにも男性フェロモンと女性フェロモンがあります。

学会でもまだまだ研究段階の分野のようですが、現時点での情報をまとめています(2013年~2018年調べ)

そもそも人間にフェロモンってあるの?

人間にはヒトフェロモンと呼ばれるフェロモンがあります。

これを発見したのがデービッド・バーライナー博士です。

ヒトフェロモンとは?

出典:konkatsugaku.com

従来の学説では、人間は器官の退化によりフェロモン効果はないとされてきましたが、アメリカの研究チームがフェロモンを感知するジョビ器官を確認し、米科学誌ネイチャー・ジェネティクスで発表した事で、フェロモンは存在する!と話題になりました。

参考:natureasia.com
米科学誌ネイチャー・ジェネティクス

代表的な性フェロモン候補

ヒトフェロモンは特許や企業秘密の問題もあり、公表されていない物質もあると言われています。(僕たち一般人には、ちょっと謎な部分)

今回は公表されているフェロモン候補物質について調べています。

アンドロステノン(Androstenone

アンドロステノンはオス、メスを問わず汗に含まれるステロイドである。人によって異なるが、不快な、甘い、尿のような、あるいは森林のようなにおいを持つとされ、花のような良いにおいであるという者さえいる。

参考記事:アンドロステロイン

男性の性フェロモン候補

アンドロステノール(Androstenol)

アンドロステノールは男性に多く分泌される物質で、女性を興奮させる「ムスク臭」とも言われています。

「たけしの万物創世記」の公開実験で効果が実証されたことでも有名になった成分です。(2000年8月22日に放送)

フェロモン(アンドロスタノール)をつけたシャツを誰が着ていたか当てるという実験でしたが、女性陣はみごと所ジョージさんが着用していた事を当てたという内容です。

実験結果

女性を目隠しした実験の結果ではなんと6人中5人の女性がアンドロスタノールをつけている男性に「どきどきした」「胸が高まった」「ビビッときた」と感じたそうです。

参考記事:アンドロステノールについて

アンドロスタンジオン(Androstenedione)

多くのTV番組で、フェロモン=アンドロスタノール誘導体と紹介されてきました。

その物質の正体が、このアンドロスタンジオン(一般的に性ホルモンの前駆体とされています)。

フェロチカホークにも含まれてる物質です。

アンドロスタンジオンは男性ホルモンであるテストステロン、あるいは女性ホルモンであるエストロンやエストラジオールのそれぞれの生合成経路の中間生成物である。(参考

アンドロスタジエノン(Androstadienone)

この匂いを女性が嗅ぐと、脳の性的覚醒部分を刺激し興奮するそうですが、まだ確証はありません。

2017年に否定されました。(参考

テストステロン(Testosterone)

ちなみに男性にはテストステロンという男性ホルモンの代表格があります。

このホルモンを高めることで、女性は魅力を感じます。

ただしテストステロンはホルモンです。

作用は似てますが、直接的にフェロモンに関係しているかは不明です。

参考記事:テストステロンについて

女性の性フェロモン候補

コピュリン(Copulins)

女性の排卵期に作り出される物質です。(コピュリンはオスモフェリンの正式名称)

男性がこの匂いを嗅ぐと1.5倍テストステロン値が上がるそうです。

参考記事:コピュリンについて

エストラテトラエノール(Estratetraenol)

この成分も男性が嗅ぐと同じく興奮するそうですが、こちらも研究段階の物質で確証はありません。

2017年に否定されました。(参考

エストロゲン(Estrogen

エストロゲンも男性を魅了するホルモンです。

間接的な作用はフェロモンに似てますが、フェロモンというわけではありません。

参考記事:エストロゲンについて

参考記事:フェロモンとホルモン

わかっていること

かいつまんで言えば
、フェロモンの物質的な正体は未だ謎。ただし存在は確立しているという段階です。

フェロモン香水でいえば、ヒトフェロモンであったり、植物フェロモンという存在もあります。

魅力を高めるにはホルモンも大きく関係します。

例えば
・男性なら男らしい考え方(例:闘争心→テストステロン値を高める)
・女性なら美しくありたい気持ち(例:恋愛→エストロゲンの増加など)

これらのホルモンを増やすことで異性にモテる要素をゲットできることになります。

管理人の考え方

僕は男ですが、間違いなく言えるのは、女のいい匂いに男は弱いということ。(逆も然り)

あとフェロモン香水は効果があると思っています。

オススメは自分に自信がついて、かつ結果が出やすい香水をキープするのがベストかと思います^^

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

詳しいレビューはこちらです。
フェロチカホークの効果と検証
  • ほのかに甘い匂いがするそうです。
  • 女性の反応が変わります。
  • 異性と会話の距離が縮まります。
  • テンションが上がります。
  • 40代後半まで効きます。
  • 心強い武器になります(笑)

ベッド専用香水リビドーロゼ




ベッド専用香水「リビドーロゼ」

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)

詳しいレビューはこちらです。
こんな効果がありました
  • 距離が近いほど、効果があります。
  • 普段使いでも大丈夫と思います。
  • この香りに弱い男性は多いと思います。
  • 管理人はやられました(笑)