好きな人は匂いの相性で決まる!?HLAのTシャツ実験

「彼氏の匂い大好き」

「香水ではないんだけど、あの人の匂い好き」

このように女性は男性の「体臭」を好きとよく聞きます。

人は無意識に、自分の好きな匂いの異性に惹かれ、嫌いな匂いを発する異性を遠ざけています。

そして女性は男性よりも鋭い嗅覚を持ち、自分に合う匂いかをすぐ感知します。

なぜ無意識に「好きな匂い」に惹かれるのか。

それは生物の本能や遺伝子が大きく関係してきます。

HLA遺伝子とは?

あなたの免疫情報を持った遺伝子です。

HLA遺伝子は免疫情報が違う異性ほど惹かれ合います。

その違いを判断するのが人の嗅覚、つまり”匂い”だと言われています。

その作用からフェロモン遺伝子とも言われています。

匂いの元となるHLAという組織

血液型といえばABO式がありますよね。(A型,B型,O型,AB型など、血液型診断でお馴染み)

HLA遺伝子はわかりやすく言うと「白血球の血液型」のようなものです。

ちなみに僕たちがよく知るABO式の血液型は赤血球

ABO式は4種類の血液型しかありませんが、HLAは数万通りあると言われています。

そして様々な研究の結果、人は自分と違うHLAタイプの異性の匂いほど惹かれることがわかりました。

なぜなら自分にない免疫情報を相手が持っているからです。

自分にない免疫情報を多く持っているということは、より丈夫な子(子孫)を残せる!という本能が人間にはあるということです。

匂いとHLAの関係

汗の中にはHLAが含まれているといいます。

その匂いとHLAの関係を調べるためにある実験が行われました。

男女の「Tシャツ実験」

実験内容

  • 男性に2日間、同じTシャツを着てもらう
  • 女性にそのTシャツを嗅いでもらう
  • 「好き嫌い」を10段階で評価

男性人数は44人、女性人数は49人。

結果、女性が「好き」と選んだTシャツは「女性の遺伝子パターンより一番遠いパターン」を持つ男性だった。

スイスのベルン大学で行われたクラウス・ヴェーデキント博士の実験です。

Tシャツ実験の結果・・反応あり!

この結果から「自分と異なるタイプのHLAを持つ相手の匂いほど惹き付ける好きな匂い、反対に近いほどクサイと感じる傾向があった」と結果がでています。

関連記事:MHCとHLAの違い

まとめ

本能的に匂いで「免疫の強い、病気になりにくい子」を作れる配偶者を探していることがわかりました。

もちろん「この人の匂いすごい好きだから抱かれて強い子生もう」と短絡的に思う女性はいないでしょうから、本能として「この人に抱かれたい」と思う仕組みになっているんでしょうね。

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューを紹介しています。

フェロモン香水?遊んでみようか( ̄+ー ̄)と興味がありましたら、以下のレビューを参考にしてみてください。

フェロモン香水フェロチカホーク




フェロチカホーク/8ml

おそらく日本で最も有名なフェロモン香水の1つです。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

詳しいレビューはこちらです。

体感的には、このようなことを感じました↓
フェロチカホークの効果
  • 女性の反応が変わりました。
  • ほのかに甘い匂いがするそうです。
  • 40代後半まで効果を実感しました。
  • アンドロステロールがポイントのようです。

ベッド専用香水リビドーロゼ




ベッド専用香水「リビドーロゼ」

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)

詳しいレビューはこちらです。
リビドーロゼの効果
  • イランイランとベリーの香りが見た目より大人っぽいです。
  • 距離が近いほど、男の反応は変わると思います。
  • オスモフェリン(コピュリン)が入ってるようです。
  • 管理人はやられました笑