【イランイラン】夜の香りの代表格。フェロモン植物の生態

男を誘惑する香りとして知られる「イランイラン」。

このページではイランイランの生態について紹介しています。

イランイランってどんな香りなの?

古くから官能的な香りとして知られています。

催淫作用が有名で、かんたんにいうとエッチな香りです。

その甘い香りは”恋人や夫婦のベッドタイムにも最適な香り”として親しまれてきた歴史があります。(インドネシアでは新婚のカップルが初夜を過ごすベッドにイランイランの花を敷き詰める風習があるそうです)

バリ島では石鹸屋アロマオイルなどが、お土産としても人気です。

シャネルのNo.5、ティファニーやディオールの香水にも使われてますね。

「マリリン・モンロー」と言えば、数多の男性を虜にした伝説的女性。 その仕草、ビジュアル、香り全てが“モテる秘訣”を熟知した生き方。 …

男性を誘う香りとして有名

催淫効果がある花と言えばジャスミンやサンダルウッドなども有名ですが、もっとも知られているのがこのイランイランです。

官能的な香りとしてはNo1の知名度だと思います。

花言葉が”誘惑”ですからね笑

イランイランは夜の香りの代表的な香りとも言えます。

ここでは催淫(さいいん)作用で有名なアロマオイルの香りをまとめています。 催淫作用って何? いわゆるエッチな気分にさせやすい香りです。(…

イランイランにはフェロモン様成分がある

イランイランには酢酸ベンジルという成分が含まれています。

酢酸ベンジルは一種のフェロモンとも言われていて、イランイランの他にもジャスミンやクチナシなどにも含まれる成分です。(雄を誘う化合物という研究結果も)

これが男性を惹きつける正体では?と研究されている成分です。

今回はベンジルアセテート(Benzyl acetate)という花の成分について。 イライランやジャスミンなど多くの花に含まれてる催淫作…

イランイランの生態

もしかしたらフィリピンやインドネシアなど南国の旅行中に出会うかもしれません。

イランイランは南国の植物

iraniran

イランイランは、マレー語で『花の中の花』。

南国らしく伸び伸びとおおらかで、どこかエキゾチックな雰囲気をかもし出す植物。

日本にも九州や沖縄に南国特有のどこかエキゾチックな植物ってありますよね^^

イランイランは東南を中心に生息しています。

例えばインドネシアのバリ島や、フィリピンのセブ島とかにも!

イランイランは熱帯雨林に咲く花

生息地はフィリピン、インドネシアなど東南アジア地方から、セイシェル、マダガスカル、コモロ諸島まで広く分布しています。

5月と6月の早朝に収穫するそうです。

イランイランでオススメの香水

イランイランの香水は強めのものも多いので、意外に扱いにくかったりします。

あまり強くない香水が欲しい場合はこちらがオススメです↓

ベッド専用香水「リビドーロゼ」

ベリー系のフルーツ類とブレンドされてるのでマイルドに仕上がってます。

効果もあると思いますよ笑

いい匂いなのでオススメです。(ベリー系 × イランイランのイメージ)

オリエンタルで官能的な香りの「イランイラン」。 今回はイランイランが含まれている香水や、香りの効果について紹介しています。 イランイ…

イランイランでオススメのアロマオイル

イランイランの精油はまさに夜の香りです。

オススメのブレンドはこちら↓

香りの黄金比レシピ

  • イランイラン2滴
  • サンダルウッド3滴
  • ジャスミン1滴
知る人ぞ知る”香りの黄金比”と呼ばれるアロマオイルのレシピ。 そのレシピとはサンダルウッド、イランイラン、ジャスミンを3:2:1の割合…

アロマオイルのブランドでオススメは、ガイアとニールズヤードのイランイランです↓

ガイア(GAIA)

ガイアは初めての人にオススメです。

キャップを取るとオイルを垂らしやすくなっています。

価格的にもガイアの方が安いので、ちょっと試したい場合に良いかと思います。

ニールズヤード・レメディーズ

ニールズヤードレメディーズは洗練されたイランイランの香りというイメージがあります。(なんとなくですが)

あとは、チャイルドロックがあるのもポイントです。


※クリックすると拡大します

値段が高いには理由があると感じるアロマオイルです。

まとめ

イランイランは香り的には甘く優雅なオリエンタルフローラルな香りです。

香水やアロマディフィーザーで夜の香りを楽しんでみてください。

ピックアップ情報

魅惑的で怪しいフェロモン香水というジャンル。 気になったので、色々と試して遊んでみました笑 このページでは、これまで試し…
詳細 これまで体験したフェロモン香水のレビューです