初心者にオススメの芳香浴|精油の使い方

ここでは初めての人でもしやすい芳香浴の仕方を紹介しています。

芳香浴って何?

芳香浴とは、精油を部屋の空間に拡散させて香りを楽しむ方法です。

自宅で芳香浴

ここで紹介する方法は、初めての人にもオススメの芳香浴です。

簡単にアロマオイルの香りを楽しむ方法です。→オススメのアロマブランド

超音波式ディフューザーを使う

ディフューザーの水タンクに精油を垂らすだけなので簡単にできます。

アロマオイルと水がミスト状に分散し、部屋に香りを拡散します。

超音波式のメリットは、ヤケドの心配がないことと、音が静かなこと。

水の目安はこちら↓

精油
50ml 2~3滴
70ml 3~4滴
100ml 4~5滴
150ml 5~6滴

精油の量はお持ちのディフューザーで調整してみてください。(精油の濃さや部屋の広さも関係するので、香りが濃く感じる場合は目安より少なめに調整してみてください)

→オススメのディフューザー

夜の媚薬レシピを作るなら、超音波式ディフューザーが最適です。(精油をブレンドできるので、色々な媚薬ブレンドが作れます)

→夜のアロマレシピ

気化式ディフューザーを使う

こちらは水を使わないタイプのディフューザー。

専用の精油をセットするだけのシンプルな芳香浴です。

拡散力や持続力が高いですが、値段が高い傾向にあります。

また専用の精油しか使えないという縛りもあります。

ハンカチに精油を垂らす

ハンカチに精油を1〜2滴垂らす、シンプルな芳香浴。

カバンや胸ポケに入れておけば、サシェ(香り袋)の代わりにもなります。(香水でも応用可)

関連記事:肌につけない香水の纏い方

ティッシュに精油を垂らす

おそらく最も手軽な方法です。

効果はハンカチと同じですが、ティッシュのメリットは使い捨てができること。(洗う必要がなく、しみるリスクもありません)

例えば枕元に香りを置きたい時に便利です。(精油さえあればホテルでもできます)

コップに精油を垂らす

カップのお湯の熱で、香りが拡散するシンプルな方法です。

精油は1~5滴ほどで、お湯の温度は80℃が目安です。

例えばカップを机に置いて、芳香浴を楽しめます。

注意点としては、お子さんが間違って飲まないように、またカップをこぼさないように置き場所に注意です。(枕元は危ないのでオススメしません

アロマバス(お風呂で精油)の注意点

お風呂に精油を入れる場合、バスベース(乳化剤)で薄めてからの方が良いです。

というのも、精油はお湯に混ざりにくいため。

お風呂に精油をそのまま垂らすと、肌に原液がついてしまい、肌トラブルを起こす可能性もあります。(精油は濃度が濃いので、肌がチクチクしたり、赤くなったり、痒くなったりすることも、特に柑橘系やスパイス系は注意

そのため、乳化剤を使う必要があります。

バスベース(乳化剤)を使う

ケンソーの乳化剤は口コミ評判が高いです。

使い方は備付のキャップに乳化剤と精油を入れて、お風呂に入れるだけです。

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューを紹介しています。

フェロモン香水?遊んでみようか( ̄+ー ̄)と興味がありましたら、以下のレビューを参考にしてみてください。

フェロモン香水フェロチカホーク




フェロチカホーク/8ml

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

詳しいレビューはこちらです。

体感的には、このようなことを感じました↓
フェロチカホークの効果
  • 女性の反応が変わりました。
  • ほのかに甘い匂いがするそうです。
  • 40代後半まで効果を実感しました。
  • アンドロステロールがポイントのようです。

ベッド専用香水リビドーロゼ




ベッド専用香水「リビドーロゼ」

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)

詳しいレビューはこちらです。
リビドーロゼの効果
  • イランイランとベリーの香りが見た目より大人っぽいです。
  • 距離が近いほど、男の反応は変わると思います。
  • オスモフェリン(コピュリン)が入ってるようです。
  • 管理人はやられました笑