恋人とお風呂で遊ぶグッズ「ローション風呂」

別の記事でも書いたんですが、1番試してみたいという個人的願望(笑)で。

ローションバスの続きです。

今回は「ローション風呂」に特徴についてまとめています。

ローションバス「トロケアウ」

ちなみにローションって試したことありますか?

僕は何度か試したことあります(笑)

huro

ただお風呂で!というシチュエーションはないですね。

楽しいだろうなとは思うんですけど、後処理とかどうなのかなっても思います。

その辺りも調べてみました。

トロケアウの特徴まとめ

まずはこのローション剤での特徴です。

とろみ具合や成分、そして香りなどについてです。

【特徴1】”とろみ”具合

浴槽に入れてかきまぜるとそこはローションの海!

とろとろの独特な質感です。

【特徴2】グレープフルーツの香り”

グレープフルーツの甘酸っぱく、あっさりとした香りがするそうです。

人工的なにおいはしないとのこと。

【特徴3】香り成分”オスモフェリン”

オスモフェリンが入ってるということは、それだけでムラムラしてくるかもしれませんね。

しかもローション風呂というシチュエーション。。

かなり非日常的な空間を味わいそうw

オスモフェリンってどんな成分?
フェロモンのひとつの「オスモフェリン」は、女性の排卵期に作られると言われています。受精が可能な状態の時が一番作られています。

参考記事:オスモフェリンとは?

後処理は?

後処理には「融解剤」を使います。

融解剤でとろみを薄めながら処理する方法です。

以前、女の子のお店に行った時に、この「トロケアウ」の愛用者がいました(笑)

で、彼女から色々聞いてみたんですけど、始めての時は大変かもって言っていました。

慣れてくると、融解剤とお湯や水を使っての薄め方がうまくなるので問題ではないとのことです。

ちなみに「彼氏とどうなの?」と質問してみたところ、「秘密♡」なんてことを言われましたが、「絶対試した方が良い」ともいわれましたね(笑)

最後に

ローションバス「トロケアウ」

普段味わえない特別感、非日常間が、ローション風呂にはあります。

ちなみにこのローション剤の内容量は250mL。

融解剤1袋(120g)もついてきます。

1袋1,000円ちょっとってのはお手頃じゃないかなと思います。

個人の動画レビューは厳しいので笑

作り方などはLCさんの動画を参考に↓

追記レビュー:混ぜる前に

試してみました〜

単純な感想しか言えないですが、楽しかったです笑

ぜひパートナーや恋人と遊んでみてください。

めちゃくちゃ面白いですよ!

ただ作る前にちょっとコツがあったので追記してます。

教えてくれた彼女が言ってたように、後処理は簡単でした。(融解剤を混ぜると、とろみ具合がすぐに薄まっていきます)

左がローションを作る液体、右が融解剤です。

ただ最初は後処理より作り方に注意です。

袋の中身を先にほぐさないとダマになりやすいです。

特に気温が下がる冬は、袋の液体が固まりやすくなるようです。

コツは混ぜる前に袋を揉むこと。(そして、あんかけを作るときみたいに”混ぜながら入れる”とうまくいきます)

ローションバス「トロケアウ」

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューを紹介しています。

フェロモン香水?遊んでみようか( ̄+ー ̄)と興味がありましたら、以下のレビューを参考にしてみてください。

フェロモン香水フェロチカホーク




フェロチカホーク/8ml

おそらく日本で最も有名なフェロモン香水の1つです。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

詳しいレビューはこちらです。

体感的には、このようなことを感じました↓
フェロチカホークの効果
  • 女性の反応が変わりました。
  • ほのかに甘い匂いがするそうです。
  • 40代後半まで効果を実感しました。
  • アンドロステロールがポイントのようです。

ベッド専用香水リビドーロゼ




ベッド専用香水「リビドーロゼ」

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)

詳しいレビューはこちらです。
リビドーロゼの効果
  • イランイランとベリーの香りが見た目より大人っぽいです。
  • 距離が近いほど、男の反応は変わると思います。
  • オスモフェリン(コピュリン)が入ってるようです。
  • 管理人はやられました笑