ベンジルアセテートとは?植物にもフェロモンがあるらしい

今回はベンジルアセテート(Benzyl acetate)という花の成分について。

イライランやジャスミンなど多くの花に含まれてる催淫作用のある成分です。

フェロモンとの関わりも深い成分ですが、一体どんな花に含まれているのか調べてみました。

ベンジルアセテート
”酢酸ベンジル”とも言います。多くの花に見られるフェロモン様成分で甘い香りを持っています。興奮作用があり催淫効果の元とも言われる成分です。

参考 植物フェロモン「酢酸ベンジル」

ベンジルアセテートが含まれてる花

ベンジルアセテートで有名な花が「ジャスミン」と「イランイラン」。

異性を惹きつける官能的な香りとして有名ですよね。

その香りはベンジルアセテートが関係しています。

日本でも有名な花が結構あります。

ジャスミン

ジャスミンティーでもお馴染みですが、実は夜に妖艶な香りを出す花。

希少な香料なので、ジャスミンをメインとする香水や精油は高い傾向にあります。

今回は超貴重な夜の花「ジャスミン」について。 ジャスミンティーでもお馴染みですが、実はとても妖艶な花としても有名です。 このペー…

イランイラン

”夜の香りといえばイランイラン”というくらい催淫特性で有名な花。

ベンジルアセテートもそうですが、イランイランにはテストステロン(男性ホルモン)に似た分子構造があることでも知られています。

エッセンシャルオイルやフレグランス成分で大活躍の「イランイラン」。 良い香りなのですが、性ホルモンも関係してくるみたいです。 こ…

ヒヤシンス

ヒヤシンスと聞くと紫色の花を思い出す人もいると思います。

春の甘い香りとして、園芸でも親しまれてる花ですね。

香水の世界ではグリーンノートを作る主要成分で使われます。

グリーンノートとは
…青葉のような爽やかな香りに例えられます。庭園にいるような癒しの香り。

ガーデニア(クチナシ)

ホワイトフラワーの代表格としても知られる花。

香水やハンドクリームなど、多くのコスメにも使用される芳醇で甘い香料です。

ジャスミンのような甘いエキゾチックな香りがすることから、イギリスでは「ケープジャスミン」と呼ばれています。

エキゾチックな香りとは
…東洋のセクシーな香りに例えらます。オリエンタルな香りですね。

フジ(ウィステリア)

藤棚でもお馴染みの藤色の花。(日本にはノダフジ、ヤマフジがあります)

庭園やお寺など、日本には藤棚の絶景スポットがたくさんありますね。

参考記事 春の絶景!藤の名所

ジンチョウゲ(ダフネ)

日本の春に似合う花、沈丁花(ジンチョウゲ)。

舞妓さんの練り香水にも使われる香料で、京都が似合います。

感想まとめ

藤(フジ)や沈丁花(ジンチョウゲ)など日本でも馴染み深い花にも、ベンジルアセテート(フェロモン様成分)が含まれてるようでした。

その視点で植物の香りを嗅ぐのも面白そうですね。

今回は「酢酸ベンジル」という成分について。 フェロモンとの関係が深い成分なので、一体どんな成分なのか調べてみました。 植物のフェロモ…

ピックアップ記事

魅惑的で怪しいフェロモン香水というジャンル。 気になったので、色々と試して遊んでみました笑 このページでは、これまで試し…
詳細 これまで体験したフェロモン香水のレビューです