体臭とフェロモンの匂い

体臭はフェロモンなの?

結論から言うと、可能性はあります

ただし現時点ではっきりしたことはわかってません(2013年)

ヒトにもフェロモンがあることは確かだと言われています。(2017年)

オーストラリアの調査結果によれば「人間にフェロモンがあること自体は確信しているが、これら2種類の化学物質ではないということだ」とのこと。出典:newsweekjapan.jp

関連記事:フェロモン候補まとめ

フェロモンと体臭の関係性

まずは互いの特徴をピックアップしてみます。

体臭の原因は”ガス”

体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解され、発生したガス(揮発性成分)が臭うものです。汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなります。参考:daiichisankyo-hc.co.jp

つまり体臭の主な原因は、汗と皮脂が常在菌によって分解された”ガス”です。

実は、汗自体は臭くないんです。

汗のニオイが変化する前に匂いケアすることで、体臭予防になります。

例)身体を洗う時はしっかり脇を洗うなど(参考

脇の匂いとフェロモンに関する研究結果

ドミトリー効果の発見

女子寮で月経周期が同調しはじめることを発見。さらに女性の脇の匂いを別の女性に嗅がせることで月経周期に影響を及ぼすことが判明。このことから腋のアポクリン腺から分泌される物質の中にフェロモンが含まれている可能性が出てきた。(参考

「性周期同調フェロモン」とも言います。

ヒトで初めて発見されたフェロモンです。

フェロモンの匂いとは?

フェロモンは無臭です。

フェロモンの匂いは嗅いでわかるのではなく、嗅覚で感じるものです。

矛盾しているように聞こえますが、ニュアンス的にそのような感じです。

専門的な研究分野では”ジョビ器官”と呼ばれる器官でヒトフェロモンを感じ取るのでは?と研究されています。(参考

結論:フェロモン≒体臭

現在の結論は「(ニアリーイコール)」※2017年調べ

近いけど”まだわからない”状態です。

フェロモンは体内で作られた物質を体外に分泌する作用をもっています。

もっともフェロモン要素を含むと言われているのが「体臭」。

かといって、体臭があればフェロモンがでていると思い込み、身体も洗わずにいると、ただ臭い男になってしまいます^^;(臭いのが良いという女性もいますが)

フェロモンの定義は様々

「フェロモン」という言葉は”異性を誘惑する”という意味で使われることも多いので、理解が複雑なものも多く存在します。(HLA遺伝子などもそうですね)

とりあえず、現在の科学では「フェロモン≒体臭」です。(2015年調べ)

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

レビューはこちらです。

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

ベッド専用香水リビドーロゼ

 


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

レビューはこちらです。

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)