香水の濃度

kousui1

香水の濃度とは?

香水の濃度は持続時間を意味します。

濃度が濃ければ、それだけ匂いの持続時間が長くなります。

香水の濃度4段階

香水には4種類の濃度に分けられています。

オードトワレとかよく聞きますよね^^

香水の濃度は、アルコールに薄める香料の量で決まります。

[colored_box color=”red” corner=”r”]

パルファン 濃度15 – 20% 持続時間およそ5 – 7時間

オーデパルファン 濃度10 – 15% 持続時間およそ5時間

オードトワレ 濃度5 – 10% 持続時間およそ3 – 4時間

オーデコロン 濃度2 – 5% 持続時間およそ1 – 2時間 

[/colored_box]

ですので、例えばこちら

[colored_box color=”red” corner=”r”]

ブルガリ BVLGARI ブルー プールオム100ml

オードトワレ スプレー EDT SP

[/colored_box]

と表記されていれば、3〜4時間は持つな、

という目安で考えます。

ただメーカーが発表しているだけで

保証があるわけではないです。

参考までにと思った方がよさそうですね。

ちなみにブルガリ BVLGARI ブルー プールオムEDT SPも

モテる香水ですね。

都会な男って感じのクールなイメージ。

ジンジャーとタバコフラワーの香りです。

ちなみに
EDT=オードトワレ
SP=スプレータイプ

の略です。

量が少ないパルファンの値段が高い理由は

持続時間が長いということも関係してきます。

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

レビューはこちらです。

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

ベッド香水専用リビドーロゼ

 


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

レビューはこちらです。

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)