恋愛ホルモン種類まとめ

ここでは恋愛にとても役立つホルモンをまとめていきます。

1つ1つ恋愛する時に効果を発揮していることに驚きます!

「匂い」は「ホルモン」と密接的な関わりをもっています。

恋愛ホルモンとは? 

ホルモンとは、体の至るところで作られ、精神や身体に様々な影響を与えています。僕たちの性格や言動は決定付けられています。ホルモンは100種類以上あるといわれていますが、ここでは「恋愛」に大きく影響するホルモンについて解説しています。

恋愛関係にも関わることもたくさんあります。

「恋愛ホルモン学」を学べば、恋のきっかけになるかも知れませんよ!?

PEA(Phenylethylamine)

恋愛系ホルモンといえばこの「PEA」!

このホルモンが脳内で分泌されると、人はまるで惚れ薬を

飲んだみたいに、頭の中がラブモードに変換してしまうほどの威力を持ちます。

恋した瞬間に脳内で大量に分泌されます。

 >>PEAをもっと知りたい<< 

テストステロン(Testosterone)

男性ホルモンの代表格です。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、

男性的な身体の特徴を作ってくれます。

モテフェロモン” ともよばれています。

>>テストステロンをもっと知りたい<< 

エストロゲン(Estrogen)

女性ホルモンの代表格です。

女性の卵巣から分泌されます。

女性らしい体を作ったり、肌の新陳代謝の促進をする働きもします。

またエストロフェンは恋をする事で、活発化すると言われています。

女性が恋をすると綺麗になるのはエストロゲンが大きく関係してきます。

 >>エストロゲンをもっと知りたい<< 

ドーパミン(Dopamine)

人に快感を感じさせるホルモン。

脳に対して、やる気を出すように指示してくれます。

ドーパミンは、快楽ホルモンと呼ばれるほど、人間の快楽やHappyモード感情に影響あります。

>>ドーパミンをもっと知りたい<< 

エンドルフィン(Endorphin)

多幸感・陶酔感を味わうホルモン。

モルヒネ数倍の作用を示すほど、気持ちいいという鎮痛効果があります

 >>エンドルフィンをもっと知りたい<< 

アドレナリン(Adrenaline)

興奮作用を促すホルモン。

呼吸を早める、血圧を上昇させる、集中力を高める、などの効果があります。

好きな人を前にドキドキしたり、手に汗かいたり、

口が渇くのもこのアドレナリンが関係します。

オキシトシン(Oxytocin)

人と人との絆を強めるホルモン。

オキシトシンは、ハグや心地よいボディタッチの間に放出されます。

恐れやメンタルな不調を癒す、重要な働きがある共言われています。

 >>オキシトシンをもっと知りたい<< 

セロトニン(Serotonin)

心を安定させてくれるホルモン。

心や体のお休みにとても深く関係するホルモンで癒し効果があります。

 >>セロトニンをもっと知りたい<< 

コルチゾール(Cortisol)

「不快」を感じた時に分泌されるホルモン。

「ストレスホルモン」と言われていますが、実は不快を和らげてくれる作用をもっています。

バゾプレッシン(Vasopressin)

浮気防止ホルモン。

一般的には体に水分を溜め利尿を妨げる作用で知られています。

バソプレッシンが多いとパートナーを一途に愛する傾向にあります。

プロゲステロン(Progesterone)

女性の生理周期をコントロールしているホルモン。

卵胞発育の抑制などの性周期後半の維持、子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などの役割を果たしているホルモンです。

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

レビューはこちらです。

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

ベッド香水専用リビドーロゼ

 


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

レビューはこちらです。

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)