ノート(香調)の変化

men2

香水には3段階の香りの変化が楽しめます。

ほとんどの香水には

トップノート
ミドルノート
ラストノート

と呼ばれる3つの香調(ノート)があります。

香水はこの3つのノートに別れて香り立ちます。

香水をつけた時、最初の香り(ファーストノート)が

「強っ!」

と思ったことありませんか?

でも時間が経つと体臭に馴染んで香りが柔らく感じて、

「おっ。いいじゃん♪」

とその香水の良さに気づいたり、お気に入りにしたりします。

あの馴染んだ感覚がミドルノートです。

香りの変化の経過

ではこの3つの香調の変化を

わかりやすく説明していきたいと思います。

トップノート

香水をシュッと吹きかけてから30分の間が

トップノートの香りです。

ミドルノート

香水を付けてから30分〜1時間の間がミドルノートです。

その香水のテーマや特徴が最も強調される香りです。

僕が経験した中で一番この香りの変化を感じたのが

シャネルのプラチナムエゴイストでした。

最初はちょっときついかな?と思うトップノートでしたが、

時間が経つにつれ程よくまろやかに、かつ魅惑的(笑)な感じに

香りが変わりました。

この変化は個人の体臭との混ざり具合にも影響しますが、

僕の体臭はプラチナムエゴイストにマッチしていたのかもしれません。

この香水は夜用に限定していますが(笑)

ラストノート

3時間以上経過した残り香がラストノートの香調と言われます。

ムスクなどの動物香料やアンバーなどの温もりのある樹木の香りが中心になります。

香りの変化を楽しむ

購入前に香水をテスターする場合、

30分経過してから、もう一度匂いを再確認すると

自分に合っている香水なのかがわかります。

香りの変化を楽しめますしね^^

僕は最初の頃、ノートとか全く意識してませんでした(笑)

特に学生のころとかただただモテたいという気持ちが

先にいってしまい、モテる香水と聞けばなんでも試してましたね。

最後には友達に「お前くさい」と言われる始末。

大人になったのだから、先走るだけではなく、

事前の知識も大切だということをつくづく思う今日この頃です(笑)

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

レビューはこちらです。

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

ベッド香水専用リビドーロゼ

 


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

レビューはこちらです。

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)