香水の上手な付け方

香水は、体温の高いところにつけるのがより効果的とされています。

また付ける場所によっては、香り立ちが変わってきます。

香水を付ける部位

Goodポイント

  • 手首
  • 耳の後ろ
  • へそ
  • ももの内側
  • ひざの裏側
  • 足首

オススメ部位:手首

最もつけやすい場所。

香りが1番飛びやすい部位なので、つけすぎに注意です。

テスター的に付けるときもオススメの場所です。

オススメ部位:首の後ろ

耳の後ろは体温が高い場所の1つ。

直射日光を避ける部位でもあるのでオススメです。

抱きしめた時に相手の匂いが香る部分でもありますね。

首の後ろのつけ方
両手首をこすって耳の裏に付けるのは、オーデコロンなど軽めのもので。またゴシゴシ擦り合わせてつけると、本来の香りが損なわれてしまうので注意。コットンなどを利用するのが丁寧ですね。

オススメ部位:おへそ

実は隠れスポットな「おへそ」。

香水を2滴くらい垂らしたコットンでおへそにポンポンすると、効果的に香りがたちのぼります。

オススメ部位:下半身(腰や足首)

腰や足首など下半身に

香りは下から上へ登るので、ふわっと香りだちます。

ここはダメ!な部位

NGポイント

  • 脇の下…汗で香りが流れてしまいます。
  • 足の裏…足や靴の臭いと混ざり、変なにおいに。
  • 股間…やめましょう(笑)

香水は肌に直接つける

基本は服ではなく体につけましょう。

体の匂いと馴染んでいくことで、香水の変化を楽しめます。

香水をふわっと付けるには?

香水は霧状をまとうように、こすらないことがポイントです。

スプレータイプなら基本は「つける部位=1プッシュ」。

コットンなどのハンカチを利用する方法もあります。(ボトルタイプの場合)

参考記事:香水の付ける量ってどうしてる?

香水の点と面と線

香水の種類 表記 濃度 持ち時間
パルファン P 15-20% 5~12時間
オーデパルファン EDP 10-15% 5時間~
オードトワレ EDT/ET 5-10% 2~5時間
オーデコロン EDC 2-5% 1~2時間

香水の付けるPoint

  • 点…パルファン・オーデパルファン
  • 線…オーデトワレ
  • 面…オーデコロン

香水の濃度による付け方のコツです。

香水は30分前につける

香水をつけるタイミングは、デートや飲み会などが始まる30分前くらいに!

香水が体に馴染んで良い感じになります。

香水の香りをすぐ消すには?

失敗して付けすぎた時に使える方法です。

基本はアルコールで拭き取ります。

関連記事:付けた香水を瞬時に消す方法

香水で異性を惹きつけるには?

いい匂いの異性は魅力的です。

ただし、それだけでは進展しません。

アプローチが必要です。

特に、いい匂いを纏った女性のアプローチほど男性には効きます(笑)

関連記事:香りだけではダメ?匂いで惚れるにはワケがあった

女性向けに書きましたが、男性にも有効だと思います。

大事なのは”匂いと距離間”です。

試してみたフェロモン香水


ここからはフェロモン香水の体験レビューです。

もし購入を検討中なら、参考にしてみてください。(体験を下記にまとめてます)

フェロモン香水フェロチカホーク

 


フェロチカホーク/8ml

レビューはこちらです。

おそらく日本一有名な男性用フェロモン香水です。

香水と混ぜて遊んでいます(笑)

ベッド専用香水リビドーロゼ

 


ベッド専用香水「リビドーロゼ」

レビューはこちらです。

女性用のフェロモン香水といえばリビドー。

イランイランやオスモフェリンなどブレンドが本格的です。

男性側の口コミとしては、、確かにヤバい香りの一つですね(笑)