好きな人は匂いの相性で決まる!?匂いとHLAの関係

sexy5

「彼氏の匂い大好き」

「香水ではないんだけど、あの人の匂い好き」

このように女性は男性の「体臭」を好きとよく聞きます。

 

人は無意識に、自分の好きな匂いの異性に惹かれ、嫌いな匂いを発する異性を遠ざけています。

 

そして女性は男性よりも鋭い嗅覚を持ち、自分に合う匂いかをすぐ感知します。

 

なぜ無意識に「好きな匂い」に惹かれるのか。

それは生物の本能や遺伝子が大きく関係してきます。

小難しくならないようにまとめてみました。

 

匂いの元となるHLAという組織

 

人間には匂いの元となるHLAといった免疫情報を持つ組織を持っています。

平たく言えばHLA=白血球の血液型のようなものです。

似たようなものにABO式の血液型があります。

ちなみにABO式の血液型は赤血球です。

ABO式は4種類の血液型しかありませんが、HLAは数万通りあると言われています。

そして様々な研究の結果、人は自分と違うHLAタイプの異性の匂いほど惹かれることがわかりました。

なぜなら自分にない免疫情報を相手が持っているからです。

自分にない免疫情報を多く持っているということは、より丈夫な子(子孫)を残せる!という本能が人間にはあるということです。

 

匂いとHLAの関係

 

汗の中にはHLAが含まれているといいます。

その匂いとHLAの関係を調べるためにある実験が行われました。

 

男女のTシャツ実験

 

男女約50人ずつに2日間同じTシャツを着てもらい、その後、お互い違う異性の匂いを嗅いで好きな順に点数をつけてもらうという実験です。

 

Tシャツ実験結果

 

「男女共に、自分と異なるタイプのHLAを持つ相手の匂いほど惹き付ける好きな匂い、反対に近いほどクサイと感じる傾向があった」と結果がでています。

 

まとめ

 

本能的に匂いで「免疫の強い、病気になりにくい子」を作れる配偶者を探していることがわかりました。

もちろん「この人の匂いすごい好きだから抱かれて強い子生もう」と短絡的に思う女性はいないでしょうから、

本能として「この人に抱かれたい」と思う仕組みになっているんでしょうね。